2009年11月20日金曜日

ブログに出てない子たち。>えくぼ

えくぼちゃんは6月ころから
近所に出没してた黒猫さんです。

近所の子ども達が
「背中を怪我してる黒猫さんがいる!」
それは怪我…ではなかったんですが…。

通りすがりか、この地域に居着くのか?
しばらく様子を確認してから、7月に入り
TNRのために捕獲しました。


その時、えくぼちゃんは
ricoさんに会ってしまったんです!
もう離れません。(^_^;)


ricoさん家の前でくつろいでます。


子供たちが怪我って思ったのは
全身にある、こんな皮膚の変化でした。

ricoさんとお孫ちゃんの散歩にまで
付いて歩きます。


この皮膚の状態を治すべく
ricoさん宅に保護したのは9月の初め。
リンパ腫の疑いも考えられ
外に置いておくのは可哀想と保護。



どんどん
皮膚はきれいになって…でも
原因が、自己免疫によるのか
脂肪細胞種か、リンパ腫であるのか
まだ判っていません。

保護4週間経ったので
ウィルス検査をしたらエイズ陽性
猫白血病は陰性でした。

白血病ウィルスの陽性が
判明した猫さんに関しては
家族の募集はしない事にしています。

エイズは寿命を全う出来る事が多いので
すべて了解の上で迎えて頂けるなら歓迎。

でも疾患の疑いのある子なので
募集はしてなくて
今もricoさん宅の玄関ホールにいる
「えくぼ」でした。

3 件のコメント:

ムーン さんのコメント...

ricoさんは猫の神様だ。きっとそうだ。
検査キットでエイズと白血病の両方を一緒に
検査できるのに、何故エイズだけ判明なの?
えくぼちゃんが白血病陰性であることを祈ってます。

alifetoyonaka さんのコメント...

書き方が悪かったです。
白血病は陰性です。

えくぼの皮膚の状態は
今ステロイドで症状が改善されています。
原因がどうあれ
少しずつきれいになって来ました。

自分の血液の中の成分へのアレルギーの
可能性もあり、
最悪リンパ腫である可能性もある。

甘えっ子の、えくぼ
保護して人との暮らしが
一番幸せと考えて保護を決めました。

白血病陽性だったら
imoko猫部屋の隣の
白血病陽性隔離の部屋に
入れるつもりで私が保護を決めたけど

ricoさんに一番懐いてるので
今はricoさん家。

alifetoyonaka さんのコメント...

読み直したら
ムーンさんの思われたようにしか
意味が取れない文章だったので
書き直しました。

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター