2017年4月10日月曜日

可愛い(^ー^) 〉彩ちゃん&てんてん

散歩コースの桜が満開です(^ー^)
今朝は 少しの風に 花びらが舞い落ちていました

緑の草が春の太陽と沢山の雨で 生き生き伸びています



一緒に並んで おやつを貰っている 彩ちゃんとてんてん


てんてんは お座りして お座りしたまま おやつを頂きます
彩ちゃんは お座りして 頂く時は立ちます(*´∀`)

これから少しの間 桜吹雪の中を散歩できるかな(*^^*)

r i c o

2017年4月9日日曜日

れんくんって、こんな色目だったの!?

1月の初めに、犬舎に現れた「れんくん」は
身体も小さくて、胴体部分は地肌が見えるような薄毛で
汚れがしみついた、小ちゃくて長毛の白い犬という感じでした。

7)れんヨーチワ?オス♂未去勢

家庭犬の修行して…家族が出来たよ。>れんくん 

↑に書いてたように、ドッグスパAWANのK様に預かって頂き
シャンプーやお手入れをして下さってができました。

ご家族に見守って頂き、 茶色のお姉ちゃん「アイシャちゃん」
黒のお兄ちゃん「ノワールくん」と共に過ごすことができて
ふっくらしてきて、 脚の筋力も付いて来て
もう体を揺すってブルブルしても転けてしまうような「れんくん」ではありません。

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜







ね♪ほら。
ボク逞しくなったよ。
オモチャと闘っている「れんくん」ご覧頂きましょう。(*^_^*)



身体も大きくなってきて、時には新しいオモチャを巡って
アイシャ姉ちゃんと取り合いしたりもするのだ。



ボクが遊ぶんだよ!


兄ちゃんにだって、負けないんだからね。



れんくんは、2月18日にワクチン接種を
4月1日に去勢を済ませたとのご連絡を頂いています。

本来ならば、保護活動者である私どもが保護中に医療を受けて去勢もして
譲渡をするのが当たり前なのですが、今回、力不足の私どもを慮って
多くの皆様から助けて頂いて、この子も幸せに出会う事ができました。

 ★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

ちょっと時を戻りますね。
下の画像は2月の「れんくん」です。


多頭飼育のストレスと、栄養が不足していた環境から抜け出し、
ご家族に見守られながら穏やかに暮らして、バランスよく栄養が摂取できて
質の良い毛が生え始め、色づいて来たころ…
あれ?れんくんって、ブラウンの毛が生えて来るんだ!



あの気力が失せていた「れんくん」
ご家族に大切にして下さって、どんどん可愛らしく
また自分を出して生き生きと暮らせている様子が伝わって来ます。

ありがとうございます。

                               imoko

2017年4月8日土曜日

雨と桜の中を散歩 〉彩ちゃん&てんてん

重くて べたべたする雨ですね
皆さん 体調崩されていませんか


散歩コースは 桜が咲いて 雪柳が咲いて とてもきれいです



今朝は imokoさんと てんてんと一緒の散歩でした(^ー^)

r i c o

2017年4月4日火曜日

姫さまの変化をた〜っぷり。


かわいい〜♪ どなたかしら?


ちょっと受け口の、この子、記憶を手繰って下さいね。


花お姉ちゃんと並んで〜(^^♪


ちょっとワル〜いこともしちゃったりして…だれのお洋服かなぁ?


風が温かくなって来たよ。
ちょっと眠いかも〜。

 

さて、この姫は??? imoko実は、余りに見違えちゃって
ご家族に訊きましたよ。「え?菊ちゃんなんですか?」って。 

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

時を遡ってみます。

ここにいるんです。↓
4)なな(ペキニーズ×狆)♀

多頭崩壊の連絡を受けた先輩ボランティアTさんの知人、imoko自身にも何かと
ご支援を下さっていたKさんが、むかし長居公園で保護したダックスが居ました。
その子「ロビンちゃん」を迎え昨年見送られたSさまが一頭先に見つけて下さって
そのまま引き受けて下さいました。

健診もなにも受けていない…それでも、犬舎で多頭でケアされる状況から
そのままで受け入れて下さったSさま、imokoは、後から疾患がでるかも…と不安
でも、S様にとっては、そんなこと想定済みだったみたいです。
これまでも保護犬を自然体で迎えて共に暮して来られた方。

先輩ボランティアTさんからダックスを
その後、岡山のグリコままからも譲り受けて居られた花ちゃん

  おうちがつぶれ被災した パグの花ちゃん今幸せののぞき見っと 

もう大きな信頼です。

その足で病院に行って下さる。さすが!(うちの手抜きで申し訳ない)

ごはん〜♪


ケージを布で覆って目隠しして下さってる。
この配慮がとてもありがたいこと。


落ち着いた翌日に、ご対面?いやお尻だけど。


環境に慣れた次週にワクチン接種も終えて。
いや、油断しすぎじゃないでしょうか…。

こんな姿が見られるなんて!生まれて初めてのくつろぎなのかも知れません。 
花お姉ちゃんの傍に、そしてバンお兄ちゃんも優しく見守ってくれています。


 

そして、お外を知らないかも知れない菊ちゃんに、スリングで社会見学です。


更に一週間。
↓キャプション毎お借りしました。

はい。皆さん静粛に❣️
  
眠いのは、だーれ?


3月に入って、お散歩の画像発見。


ママのお誕生日に、腕枕のプレゼント!? 


今日は、不妊手術を受けて下さったそうです。




菊ちゃん帰宅してのお写真。
獣医師の先生が、過去に出産をした子宮だったと仰ったそうです。

菊ちゃん、頑張ったね。
そして、良かったね。本当の家族ができて
皆さんに大切に見守られながら、花お姉ちゃんとヤンチャもできるようになって

この度のレスキュー、私どもでは多頭の中の7頭でしたが
みなさんのお気持ちに支えて頂き、確実に幸せを掴んでいるなって!(^^)

はじめの方に巣立った子たちは、先輩ボランティアさんたちの
人のネットワークの中で、早々と温かな手に出会うことができ
途中の経過を確認できていませんでしたが
刻々と表情も体調も変わって来て
はじめて、ちゃんと息ができる環境に辿り着く事ができたのだなと

と同時に、虐げられている子たちが、まだ気がつかれずに沢山居る
大きなことはできないけど、目の前の手が届く子から
たくさんの人が少しずつ、気持ちと共に行動していったら
1匹ずつでも幸せに出会って…やがて…と願わずにいられません。

菊ちゃんを、迎えて下さったS様ありがとうございます。
このたびのレスキューに気持ちを寄せて下さった
多くのみなさんにお礼申し上げます。m(_ _ )m

                                imoko

2017年3月30日木曜日

様々な問題を、まるごと受け止めて。>もみじちゃん

1月7日に保護した子たち、9日の深夜にアップした記事↓
     「小さな命を幸せに導くご支援をお願い致します。  」

引き取ったばかりの「もみじちゃん」は
地肌が見えている部分が広く、毛は薄く、皮膚は赤みがでて乾いた感じで
引き取った7匹みんな掻きむしっては傷ができて…がエンドレスでした。

もみじちゃん♀

↑ ドライアイがとても心配なもみじちゃんの様子

7匹の残り福となっていた「もみじちゃん」
ウチの子に…といくつかのご家族からご連絡を頂きました。
東京方面から、とても熱心にお話を下さった方も居られました。

どこにも行くところがなければウチで…とご心配頂いてのご連絡もありました。
多くの方が、このレスキューについて親身になって思いを届けて下さっていました。

もみじちゃんのご家族は、これまで3匹のチワワと暮らして来られて
今年の年初に、癲癇のチワワさんを看取られました。
その子は、いろんな症状が表れ、その度に対処してこられ
白内障もあり、シニアになってからは点眼をずっと続けて居られた事などから
もみじちゃんのドライアイや、膝蓋骨脱臼のことも、また
小型犬の宿命として、今後もどんな疾病が出て来るか判らないことも
しっかりご存知で、その時その時に対応して行って下さるとのこと。

そのご家族から希望の連絡を頂戴して、そこから
もみじちゃんとの対面が決まって、その前日に
医療的なことで判っている事をメールでご説明をしたもの。
   imokoは別に先約がありお目に掛かれないかも…と考えて
↓  ご連絡をいれたメール部分です。

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

もみじの保護と通院は**(Maryさん)で、医療面の詳しいことは 
(Maryさん)から聞いて頂きたいのですが、
他の子の通院の際に先生から概要を聞いている範囲で
お知らせをしておきます。素人の聞いた範囲で間違っていれば申し訳ありません。

犬の標準涙液量は 18.9~23.9mm/min、およそ15以下がドライアイが
疑われるのですが、もみじは2回が両目ゼロから3回目に 3mmだったか
少し改善がみられたそうです。

現時点では、深刻な乾燥状態です。瞳が乾燥すると角膜に傷が付きやすく
乾燥を放置すると角膜が潰瘍を起こしたり、角膜穿孔から失明となりやすい。
また
(Maryさん)が、もみじは保護当初水をよく飲んだとも申して居り
自己免疫が関係する可能性もあると考え、副腎と甲状腺の検査をしています。

クッシング症候群をみるために実施したACTH刺激試験は正常値の範囲にあったと。
ただし典型的な数値ではないが否定もできない範囲なので
しばらく様子を見て欲しいとのこと。

ACTHに少々の反応があるという点では、疑わしいが数値は範囲内のため
副腎に問題はないのかも知れない。
ACTH刺激試験は、副腎皮質刺激ホルモンをわざと注射し、注射前後の
血液中のコルチゾールの量の変化をみるものです。

ストレス環境が長過ぎて、副腎に負担を強いていたための一時的な機能低下
の状態であれば、環境が整うと徐々に改善するかも知れないとのこと。

引き続き飲水量、脱毛、皮膚の薄(血管が透ける)皮膚の石灰沈着、多食
パンティング、腹部膨満、筋肉虚脱などに注意を向ける様にと。

今後、涙液量が改善しない場合の方法として、唾液の分泌腺を移植し
涙の代わりにするという手術がある。
手術しない場合は、眼軟膏とヒアルロン酸は一生のおつきあいになると。

パテラ(膝蓋骨脱臼)については、本来なら手で押したら膝蓋溝に戻るが
もみじちゃんについては内側にズレ、骨に癒着して固定されている。
現時点では、歩くことに支障は感じられない。
手術を選択するなら、脛骨を切って回転させて正常の位置につけなおす
というオペになる。現在は痛みはないので、状態を見て今後
必要になるかも知れないとのことでした。

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

ご説明したものの、もみじちゃんのご家族となった方の方が
ずっと詳しく、ご存知でした。(;^_^A ハズかしい。

もみじちゃんを迎えるにあたって、現在フローリングの床を
滑らない素材を敷き詰めるので、その後にお試しをと仰って
そういった心配りも素晴らしいご家族でした。

たくさんたくさん「もみじちゃん」の行く末を心配下さった
多くのみなさん、やっとバトンを手渡すことができました。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

お届けの翌日に、届いた画像です。
ご飯も完食、眠りもしっかり、既に寛いだ姿です。



5日後には、新しいお家での暮らしにもなれ
「すっかりやんちゃなお嬢様」というメール。(='m')


もう、この時点では「うちの子!」って宣言も頂いて…。

毛並みも整って来ましたよ♪ってお知らせがあり…。


慈しまれ安心して暮らすって素晴らしいですね。
保護当初、ポヤンとしていた瞳
生き生きと意志がこもった表情になりました。
わたしの、わたしだけのパパとママができたの〜♫


もみじちゃんヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆オメデトォ♪
正式譲渡です、宜しくお願い致します。


そして、応援くださった全てのみなさんにも
ありがとうございます。

                                 imoko

2017年3月23日木曜日

颯馬くん、去勢を済ませました。

しばらく、ご無沙汰してたけど
今日は、颯馬(そうま)をたっぷり。

〜ricoさんメールより〜

甘えたい時は 立ってる私にかけ上ってきて 抱かれてうとうとしたり
ソファに座ると 胸まできて丸くなって寝たり
横にペッタリくっついたり
背もたれと私の背中の間に入って 挟まれて寝たりしています。




 〜ricoさんメールより〜

こうやって メール書いてたら
颯馬♪がジャンプして抱っこして甘えてる。
たけど ルイちゃん♪が来たら飛び降りて取っ組みあい始めたよ(^ー^) 
 

元気に取っ組みあいして遊んでいます(^ー^)
2匹同時にハッてジャンプして 空中でガシッ!
なんか 戦隊ものを見ている感じ(^_^;) 



 〜ricoさんメールより〜

颯馬♪は 抱っこしてほしい時は足元に来て 抱っこして~と目で訴えたり
私が準備する間もなくジャンプして飛び付いたり
可愛い限りです(*´ω`*) 

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

颯馬は、21日去勢手術をしました。

術後のお疲れの颯馬♪


手術の時、ボク太ってる〜って言われたんだ〜。
そんなコトないよねぇ。

                                imoko

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター