2017年9月20日水曜日

ぷあ(Pua)くん、ちくんしたよ。+るあな

 #里親募集 #子猫 #大阪 #豊中 #白猫 #サビ猫

8月4日の夜半過ぎにricoさん家のガレージに捨てられたと思われる子猫*Pua

 ricoさん家には子猫が2匹。>るあなちゃん、ぷあくん

 

体は白くて、おでこと背中のまぁるいブチと尻尾が
黒っぽい(よくみるとキジ柄)の男の子。



今日2度目のワクチン接種を終えました。



「よく食べて、すくすくと大きくなった〜♪」ってricoさん
1.5kgです。
保護されたときの大きさから考えて、12週齢と思われます。
元気いっぱいで、甘えん坊の可愛い子。

 


なんとも言えず、おもろ可愛い子です。

Pua(ハワイ語で花)くん♂
レボリューションによるノミ・ダニ&回虫駆除
検便:異常なし
3種ワクチン接種2回
ウイルス検査:猫エイズ・猫白血病ともに陰性

*****

るあなちゃんは、後肢が少し弱く感じ、サプリを投与しつつ
様子を見てくれていましたが、徐々にジャンプ力も増え
体の成長と共に、後肢も追いついてきたようです。

もう問題なしとの診断で晴れて
Puaくんとも取っ組み合いしたりして遊んでいるようです。






ルアナちゃん4ヶ月♀
レボリューションによるノミ・ダニ&回虫駆除
検便:異常なし
3種ワクチン接種2回
ウイルス検査:猫エイズ・猫白血病ともに陰性

2017年9月18日月曜日

再び西の部屋に移動。> #スコティッシュ

9月11日の通院で、しっかりしっかり原虫が居たキャンディ

原虫の動く様子。> #スコティッシュ

7月過ぎてから投薬から逃げる子たちに根を上げたimoko
獣医師の先生がキャンディのみ預かってくださっています。

とってもとっても賢いらしい。
今キャンディくんは、 フラジール、アセチルスピラマイシン
そして、三仙という消化器の養生のはたらきの漢方薬を
するっと飲み込んでくれるらしい。

次の通院は20日予定
その時に、スコさんたちの次のステップを検討予定です。

********

涼しくなりました。




5月にスコさんたちが居た部屋(エアコンが古すぎて効きが悪い部屋)
冷房の必要が遠のいたので、他の保護猫たちが居る密度の高い部屋から
元の部屋に戻ってきました。

甘えたゴロゴロだったみんな、
慣れるのに時間がかかった「リョウくん」は、今日も甘えん坊。
割と早く慣れた「チェリーちゃん」は、今日はシャーシャーいうてます。
場所が変わるのは嫌なのね。(チェリーは画像なし)

 
 

りんちゃんは我が道を行く、いつもと変わりません。



ここ数日、かなりお腹が安定してきています。
このまま良い状態が続きますように。

                                  imoko

2017年9月17日日曜日

#迷子犬 アイヴィくん再びのお知らせ。

         
 @yokkorinja

9月10日にお知らせした迷子犬アイヴィくん  ↓

 6月明石から行方不明になったアイヴィくん #千里 で目撃。

 
ねこ太さんがmap作ってくださいました。
 追記して、下半分は再掲載プラスαです。





9月14日追記:
13日朝6時半頃に今朝6時半頃に
桃山台駅前のロータリー付近で目撃情報が



9月13日追記:
9日(土)朝6時半頃、西泉丘で目撃あり
午後3時頃、豊中市熊野町2丁目
ナイルどうぶつ病院近くの農道を
悠々と歩く姿が目撃されています。

アイヴィくんは大きめの中型犬*18kg
クリーム色 薄茶まじりの長毛
鼻口まわりが黒い
タレ耳 フサフサ尻尾
革製の赤い首輪





山口県周南市で野犬暮らしを経て
明石市のお家に迎えられ6月に逸走。
お家では緊張して固まることもなく寛いだ姿を見られた。


 

ご家族がずっと探しておられます。
Twitterの@yokkorinjaを、ザッと拝見
明石市のご自宅から8月に川西市丸山台
猪名川町役場前などでの目撃情報があり

8月27日吹田市高野台
アイヴィくんによく似た犬を見たという情報。

9月3日吹田市桃山台2丁目の郵便局付近で
垂れ耳のアイヴィくんに似た犬の目撃情報。

9月7日豊中市新千里南町3丁目を
椿公園方面に向かって歩いていたという情報。 


大人しい性質ですが、人に警戒心があるので
見つけても無理に追いかけず、特徴をしっかりと確認して
できれば撮影をしてお知らせをお願いいたします。

 
📱09046478321(たかみ)

yohchan.0327*gmail.com(*を@に替えて)
Instagram:yoko_takami

2017年9月13日水曜日

てらちゃん*逸走から1年探し続けておられます。


昨年9月12日から #迷子犬 #てらちゃん
1年が経ちましたが、お家に戻れていません。

 

 【迷子犬てらちゃん】経過。  

  ↑ブログに経過を綴るページも作りながら
   お手伝いも更新もできてないごめんなさい。

日々の捜索はもちろん
色んなボランティアの会合や譲渡会場にも出かけて
手がかりを探し協力のお願い続けておられます。

新聞に折り込みチラシもされましたが
いまだ有力情報にたどり着けていません。

寒さ、暑さ、飢えとか病気、事故など心配は尽きませんが
毎日、警察署の落し物サイトのチェックは欠かさず
問い合わせも続けておられます。

いま一度、迷子犬てらちゃんの特徴を見て
心に留めて頂けるとありがたいです。



てらちゃんと出会えたら、
驚かせないように、しっかり視て
できれば画像を撮ってお知らせをお願いします。


世の中の迷子の子が、みなみな
長いお散歩から家に帰ってきますよう。

                              imoko

2017年9月11日月曜日

ひめちゃん&なっちゃん

ひめちゃんは  ちょっとこわがりさん ヘ(゜ο°;)ノ

うちに来た頃は おとなしくて 奥まった場所で寝ていましたが 
最近では いつもライルが寝ていた場所を乗っ取り
気に入らない時には  猫パンチ

いいぞぉ  きっと本来のひめちゃんが  にょきにょき出てきたんだ(*≧∀≦*)





ご飯は  一回に食べる量が少ないですが  食欲はあり元気です(^ー^)

おもちゃが大好きで  よく遊びます(*^^*)




なつちゃんは  とっても穏やかな猫さん

便がゆるく9/5の検便で  リンちゃんと一緒の原虫が出ました

この活動を始めて  原虫なる寄生虫に出会ったのは初めてであります

*お〜いricoちゃん
コクシジウムもバベシアも原虫だよ〜。  imoko




なっちゃんは  原虫が落ちるまで  6日間の投薬の間はケージ生活です
文句ひとつ言わず  ケージの中で  静かに過ごしてくれました  

今日(9/11)は  病院へ
検便では  原虫が見つからなかったので  あと4日間の追加投薬です




きゃ~っ! 今朝  なつちゃんのトイレに  ステキなうんちがあったんです

嬉しくって  imokoさんや獣医さんに見せびらかしちゃいました( ̄▽ ̄;)

なつちゃん  このまま  ステキなうんちの続行をお願いします(^人^)



なつちゃん  二三日前から涙目と目やにが出てきたので  ファルキサシンの点眼です

r i c o

原虫の動く様子。> #スコティッシュ

今日は、7匹連れての通院でした。

りんちゃん、チェリーちゃん、リョウくん、キャンディくん
ナツちゃん、ももちゃん、アンちゃん。

ナツちゃんは、薬をしっかりのんで、いい便が出た〜♪と
ricoさんが見せてくれた。

他のスコたちは、キャンディくんが一番ユルくて、りんちゃんもまだまだ。 

チェリーちゃん、リョウくんは、普通にあるなって感じの軟便で
お世話するのに困らない状態ではあるけど、念のため検便に。
チェリーちゃん、リョウくんの腸内の状態は安定しているとのことでした。

信じられないほど改善したものの、カタチがある柔らかい便の「りんちゃん」
今日の検便では原虫は見つかりませんでした。

下痢の回数は激減したものの、ユルユルの便で辛そうなキャンディ
体温測って、体温計の先についたわずかの便を顕微鏡でみていただいたもの。 
今回は、キャンディくんの便にだけ原虫が見つかりました。




色んな物がみえます。
何がなんだかわかりません。

動画にすると。
カタチはよく似ているジアルジアとトリコモナス
ジアルジアは木の葉が舞うようにひらひら運動すると言われ
トリコモナスは体全体を小刻みに震わせながら前進性の運動をすると言われる。


スコティッシュたち全員、引き続き6日間の投薬です。


2017年9月10日日曜日

#迷子犬 #豊中 #吹田 6月明石から行方不明になったアイヴィくん #千里 で目撃。

9月17日追記:ねこ太さんがmap作ってくださいました。



9月14日追記:
13日朝6時半頃に今朝6時半頃に
桃山台駅前のロータリー付近で目撃情報が



9月13日追記:
9日(土)朝6時半頃、西泉丘で目撃あり
午後3時頃、豊中市熊野町2丁目
ナイルどうぶつ病院近くの農道を
悠々と歩く姿が目撃されています。

Twitterで何度か情報を見かけていたアイヴィくん情報
ミエルちゃんママから
近くでの目撃情報があることを教えていただきました。

現在、最終目撃は9月8日午後1時ごろに
吹田市の千里会館→スポーツ公園 だそうです。 



アイヴィくんは大きめの中型犬*18kg
クリーム色 薄茶まじりの長毛
鼻口まわりが黒い
タレ耳 フサフサ尻尾
革製の赤い首輪





山口県周南市で野犬暮らしを経て
明石市のお家に迎えられ6月に逸走。


 

ご家族がずっと探しておられます。
Twitterの@yokkorinjaを、ザッと拝見
明石市のご自宅から8月に川西市丸山台
猪名川町役場前などでの目撃情報があり

8月27日吹田市高野台
アイヴィくんによく似た犬を見たという情報。

9月3日吹田市桃山台2丁目の郵便局付近で
垂れ耳のアイヴィくんに似た犬の目撃情報。

9月7日豊中市新千里南町3丁目を
椿公園方面に向かって歩いていたという情報。


大人しい性質ですが、人に警戒心があるので
見つけても無理に追いかけず、特徴をしっかりと確認して
できれば撮影をしてお知らせをお願いいたします。

 
📱09046478321(たかみ)

yohchan.0327*gmail.com(*を@に替えて)
Instagram:yoko_takami

2017年9月8日金曜日

いまさらか〜!!!!!!> #スコティッシュ

何度目の通院になったのでしょう。
りんちゃんなんか、検便も何度目だったろう?

9月4日
りんちゃん、なつちゃん、キャンディくん、アンちゃん、ももちゃんの通院でした。

りんちゃん 2.6kg
なつちゃん 3.8kg

りんちゃん、なつちゃんから原虫が見つかりました。
何度も検便をしていましたが、初めて検出されました。

*****

ジアルジアは見つけにくいものらしいです。
寄生するのが小腸で、糞便中に栄養型虫体が発見されるのは余程多い時
成猫になると自分の免疫で抑え込むから、普通なら幼猫から見つかるものらしい。 

ジアルジア栄養型虫体 寄生虫ビジュアルガイド*インターズーより

栄養体も体外に出ると程なく死滅してしまい、
家で採ったものを、持って行っても見つけられることは稀。
猫を連れて行って直腸から採った
ほんの僅かな便の中に運よく(?)居れば検出となるのです。

正常便の中に排出されるジアルジアのシスト(嚢子)は
コクシジウムと同じように塩素に強いらしい。

ジアルジア シスト 寄生虫ビジュアルガイド*インターズーより

排便を放置して猫が踏んで、シストが猫に付着し
それがグルーミングで口の中に入ることで再感染してしまう。
トイレはその都度糞便を取り除き、
トイレは、60度以上にに数分さらす、乾燥させることが大切。

ジアルジアの栄養体とトリコモナスの虫体はカタチがよく似ています。 

トリコモナス栄養型虫体 寄生虫ビジュアルガイド*インターズーより

またトリコモナスも検出率が10数%と聞きます。
同じように直腸から採った便から探す。

トリコモナスには、シストというステージがなくて
栄養型虫体を取り込むと感染すると考えられていますが、
虫体は、糞便として体から出ると
時間の経過とともに乾燥して死滅するということです。

糞便をマメに取り除くことは必要ですが
毎回の熱湯消毒までは不要と思われます。

******

りんちゃん、なつちゃん、ジアルジアかトリコモナスのどちらか検出ということで
投薬です。 



慢性的な下痢の薬フラジールは、抗原虫薬でもあります。
慢性の下痢を治療する薬でもあり、
これまで、りんちゃんは5クールくらい投与してるハズ。

再感染してるのかな。
毎日のように、トイレを全取り換えしているのに、ダメなのかな。

そして、苦い、にが〜い薬を喉の奥に押し込んでいるうちに
みんな苦さに気づいてしまい、このところ、よほど上手に飲ませないと噛まれます。

ウェットフードに混ぜると、マズ過ぎて食べてくれません。

昨日、実は水に溶かしてシリンジで流し込むという手があるかな?っと思い
のませたら、スゴイ勢いで腕から飛び出し、
りんちゃん、口の周りアワアワになって、全部吐き出しました。
先生に連絡して「水に溶いたら吐き出された〜。」って伝えたら
半ば呆れられて
「フラジールは苦いし、後口が悪いし、あれは喉の奥に押し込む一択。」って言われた。

*****

検便で見つかった2匹「りんちゃん、なつちゃん」はフラジール投与→来週、再検査。
見つかっていないスコティッシュたちも含め
アセチルスピラマイシン(原虫駆除も期待される抗生剤)投与ということになりました。

キャンディくん 3.6kg

リョウくん

チェリーちゃん
わたしたちは、とばっちりだ=!

次の通院は、11日予定です。

                            imoko

2017年9月5日火曜日

もう少し楽になってほしいな。>アンちゃん

少し前に、アンちゃんが体調を崩しているとお知らせしていました。
  ↓

子猫のころから癲癇をもっているアンちゃん、
毎朝、毎夕、ちっちゃな薬を(フェノバルビタール1/8錠)飲まされています。
風邪を引かせて、発作が出て、初夏から増薬しています。


7月の初めごろか、毛艶が悪くなって痩せてきて
自分で毛繕いをすることがなくなって寝ている時間が多くなった。

病院へ行ったら貧血状態だったので、鉄剤をいただいてしばらく試しました。
1週間後、更に2週間後と状態の変化をみて、鉄剤は中止。


先生に、出血してるか?尋ねられたけれど
部屋をフリーにしていて、排泄の確認もできていなくてわかりません。
しばらくケージに隔離して血尿とか便の観察をしましたが、出血はみられません。

骨髄検査をするか…ということも、先生がおっしゃいましたが、
ひとまずはステロイド投与で様子を確認と。

ステロイドを始めてから活発になるとか
ハッキリした行動の変化は見られませんでしたが貧血は改善傾向。

このところ、誰かの通院のたびに、アンちゃんの経過を診ていただきに行っています。
(逆かな、アンちゃんの経過を診ていただく度に、他の子も通院かな。)
 
今日も、ステロイド開始して3週めの検査。

2週前、白血球が上がっていたので抗生剤も併せて投与しての今日の結果は
白血球も下がってきて、いま貧血も低空飛行ながら正常値に入っています。
原因がどこにあるのかは判ってはいませんが、
よく食べて、体重も乗ってきて(ステロイド入れると食欲も出ますしね)
貧血が改善して、元気に過ごしているので、
ステロイドの量を少しずつ減らしつつ、しばらく様子を見ることに。

どこかで、ゆる〜い出血があるのかなぁ。
ステロイドが反応しているというのは、骨髄に何か原因が?
骨髄検査をしても、たちどころに全てが判るわけではないので
先生にいろいろご指導いただきながら、この先を考えていく予定です。

とりあえず、アンちゃんは投薬もされるがまんまで、
いつも部屋の真ん中にドド〜んといます。


床に野垂れていたり、道具を置く机にいたり。
 

まいにち、私になにか色々されているアンちゃん。
ゴロゴロを聞かせてくれる時間が減った気がします。

                               imoko

2017年9月4日月曜日

豊中市熊野町4丁目から #迷子猫。

2017年5月から行方不明の #猫
「チビちゃん」メス5歳くらい

#大阪 #豊中市 熊野町4丁目のシグマ薬局付近で
#迷子 になりました。

背中が茶色*お腹が白
(茶トラではなく、キジトラの赤みのある色のようです)

キジトラの面かぶり
口周りが白でお鼻がピンク色
四肢は白い

シッポは怪我をして手術をしたので
短く切れている

ご家族には甘えるけれど、
初対面の方には警戒するだろうとのことです。

首輪はついていません。


特徴的なシッポ
熊野町周辺の方、心掛けてくださると有難いです。

警察署や保健所には、届け出は済ませておられます。
 

似た猫を見かけたら
できれば画像を撮ってお知らせください。

りんちゃんいっぱい。> #スコティッシュ

毎晩、猫トイレの掃除を終えると
りんちゃんはしばらくフリータイムです。

まずはしっかり爪研ぎをして、
そして、ケージの上の高いところに落ち着きます。




先日imokoが 絨毯の上に「またたび」をばらまいてしまった場所があって
そこで、しばらくコネコネ。





りんちゃんは、引き取り当初、下痢をし続け
1日50回くらい排泄してたんじゃないかと思っているんですが
最近は、1日5回くらいに落ち着いたと思います。

ただ、まだ軟便で
お腹の調子の悪い時は、トイレ以外にも排便していることもあり
どの時点で、譲渡をOKと考えるのかも難しいところ。

人馴れは、引き取り6匹中いちばんだったので、
健康診断を済ませてからの譲渡予定ということで
一番最初に、ご家族募集のサイトに載せたました。

どの子の下痢も、他の保護猫たちに起こっていないか?といえば
しばしばあることですが、ある程度、投薬とか腸内細菌叢を整えることで
これまでは改善を見てきました。

治るのかなぁ〜?これで精一杯なのかな〜?
りんちゃんは、いたって平常心みたいです。


 

りんちゃんの前で、のっく、のっちゃん、みよちゃん、こうめ
ブラッシングをしていました。
どの子がそばにいても、概ね落ち着いているのですが、
身体が触れるほど他の猫が近づくと、瞳孔が微妙に開いたかと思うと
しっかりシャー!!!!!

りんちゃんは、気位の高い姫さまなので
お気に入りの場所からは、少々のことでは撤退しません。



キャンディくんは、他の猫に睨まれると、きっとケージに逃げ戻ると思います。




チェリーちゃん、ブラッシングされてる猫たちに
ケージの中から手を伸ばしていたり
のっく、のっちゃんとはケージの桟ごしに鼻チュンしたりしてました。



チェリーとキャンディはよく似ています。
キャンディの方が、目がまんまる
チェリーはアーモンドアイって感じでしょうか。

チェリーはお腹の調子もよいので、
ヒメちゃん、チェリーちゃんを近々ご家族募集サイトに掲載予定です。

                               imoko

2017年9月3日日曜日

#スコティッシュ お腹の経過とご負担金額について。

9月になりました。
スコティッシュさんたちが来て、まる3ヶ月。
試行錯誤しながらも、お腹の調子は上向きです。

りんちゃんの下痢は、どうやら数年つづいている症状のようで
一筋縄では行かないものの、回数は、ぐっと減って
楽しく過ごしてくれているようです。



りんちゃんは真っ白ふわふわの見かけによらず(?)
積極的に行動するタイプ。
ケージを開けると、躊躇せずに外を探索しようとしますよ。


 

長毛茶トラのキャンディくんは、
ケージも常に一番奥にいて、扉を開けても
自分から出てくるには時間がかかります。

今の時点では、抱っこが好きだから膝にいるというより
たくさんの猫がいる部屋の中でウロウロするより
膝の上にいるのが一番不安が少ないという感じです。

ブラッシングすると喉を鳴らしてくれます。 
動画だけど、動かないキャンディくん、ゴロゴロが聞こえますか?


嬉しいブラッシングというより、ちょっと緊張しているのを
喉を鳴らしつつ自ら励ましているのかも知れません。
キャンディくんは、この姿勢でオヤツを出しても食べません。

オヤツを食べることができない、余裕がないからですね。
そういった緊張も消化器症状に繋がっているのかも。




リョウくんは、抱っこの時間は3分くらいだけど、
短時間のブラッシングの後、手のひらからオヤツを食べることができます。 

無理しない長さのブラッシング練習で
お礼に必ずオヤツひとつぶ。
ブラッシングも耳掃除も慣れるために、もう暫くの日にちが必要みたいです。

********

先日、スコティッシュたちの譲渡先ご家族にお願いする
費用負担を改める件書いておりました。 
 ↓

可愛いチェリーちゃん > #スコティッシュ   

   譲渡の時の医療費負担を見直す予定をしております。
   これまでの募集では(りん、チェリー、ナツ)
   ワクチン費用とウイルス検査費用など9,000円を予定しておりました。 

   数日中に、譲渡にあたり医療費の負担いただく額を改定いたします。
 
〜の件ですが、
負担額がまだ決まりません。どう考えるか…を検討中です。
 ↓
スコテッシュたちにかかった費用
6〜8月分
医療費 109,260円
食費   48,028円

トイレ砂が保護当初は毎日40ℓくらい汚れて取り替え、
砂代のみで、医療費+食費と同じくらい掛かっていますが、
スコテッシュだけに切り分けられないので、砂代は省いて
「医療費+食費を頭数で割る」と

合計157,288➗6=26,214円 → 26,000円
となりますが、これを受け入れご家族に請求してよいかをメンバーで相談中。

これまで★あにまるライフ豊中★では、子猫を保護し
医療費+食費が1匹で平均4万円ほど掛かっていたとしても、
譲渡先ご家族へはワクチン1回分程度のご負担をお願いするのみでした。

今回、スコたち5月下旬に引き取りをして、医療面の初期費用をかければ
スグご家族募集へ進めると考えており、
検便+ワクチン接種+ウイルス検査=9,000円のご負担と告知していました。

活動すればするほど赤字が嵩むのは、大手の団体でなければ
どのグループでも似たようなものだと思います。
でも、後出しジャンケンのようになるのも感心しないですし。

スコティッシュ たちの保護費用が、予定の5倍ほど費用が膨れ上がりました。
予定が甘すぎたわけですが…^^;
かといって、譲渡先ご家族に負担を大きくすれば
ご希望の手が挙がりにくくなり、結果、猫たちが居残ってしまうかも。

スコティッシュの誰かを送り出すのがかなわず
ずっと終身保護することになるのは、本意ではありません。

今は体調万全と言えなくても、お腹さえ整えば
甘えっ子の愛される性質の子たちなので、ぜひ
お家で慈しまれる子になってほしいと思っています。

メンバーで合意するまで、もう少しお待ち下さいませ。
*今回のスコティッシュの保護で、元飼主から預かった医療費は全部で1万円です。

                                 imoko

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター