2011年12月22日木曜日

もう一踏ん張り、訴えてみませんか!!!

動物愛護管理法の
犬猫の夜間展示販売の禁止についてニュースを
ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。[YOMIURI ONLINE]

ベリーちゃんとキャロちゃん8週齢の頃

みなさんが提出くださったパブリックコメントは
「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)
には個人が5万5783件、団体が139件のご意見が寄せられました。

虐待の防止の規制強化や、自治体等の収容施設や、罰則の強化に関してなど
多くの項目に於いて規制強化を求める声が圧倒的多数であったのですが
「多頭飼育の適正化」「実験動物の取扱い」などでは
「現行のまま」など意見が分かれたようです。渡辺眞子さんoffcial blog

キャロちゃん・アスパラくん・ルカくん

昨日行われた、第25回動物愛護管理のあり方検討小委員会は
「動物愛護管理に関する法律」改正案に関する最終報告についてでした。

重要課題である「犬猫幼齢動物を 親等から引き離す日齢」については
規制強化を図る必要があるとしながらも、保護活動する者の悲願である8週齢、
業界に擦り寄る7週齢、業界の自主規制としての目標の45日齢が三つ巴になり
小委員会で一本化には至りませんでした。

各々の意見を併記したまま、あとは動物愛護部会で承認され
今後は報告書をふまえた改正案を与野党間で審議した後、来年の通常国会に
議員立法として提出されることになります。

こむぎちゃん8週齢


みんなで頑張ってパブコメで訴えた8週齢規制
このままではずるずると何もなかった事になってしまう。

危機感を感じた「ジュルのしっぽ−猫日記−」のhana*さんの

猫じゃらしが大きくみえる…。

もうひと踏ん張り、議員さんに意見を送ってみませんか!


甘えん坊のアスパラくん、ずっと後追いしていました。

こんなに頼りない小さな8週齢…。
現行のままだと4〜5週齢で親兄弟から引き離され独りぼっちで
オークションに掛けられ、2ヶ月過ぎたら賞味期限切れなのだと…。

                   imoko

2 件のコメント:

迦陵・胡蝶パパ さんのコメント...

ちつちゃな命、でも掛け替えの無い命・・・
仔猫の野良さんの大半は、去勢・避妊手術をせずに生まれてきた仔達。
生まれてからのちょ耳ぐらいの時は可愛いけど、少し大きくなって冒険心に火が突き出すと、手放してしまう・・・ そんな感じの仔猫が捨てられてしまう。
ブリードも、大変なお仕事だという事も解りますが、スコティッシュのように伏せ耳の仔達だけを掛け合わせる事で、奇形の仔や重度の障害を持って生まれてくる子もいる。
その仔の事も、見守り育ててあげる事が出来ず、捨ててしまう事もあるのです。
ペットショップの仔達は、ほんとに可愛い。でも、その可愛い仔として扱われる中で、裏では売れない仔・売りずらい仔と選別されてしまう仔も居るのも確かです。
そして、売れ残ればブリードさんに戻る仔も居れば、捨てられてしまう仔も・・・
命の重さは、人も猫も犬も変わらないんです。

以前、あるペットショップで「このスコちゃんの親は、立ち耳と伏せ耳の間の仔ですか?」と尋ねると、「ブリードさんから預かっているので解らない」と言われた事があります。
「伏せ耳同士の仔だと、下半身の障害が顕著に現れる事があるんですが、調べてもらえますか?」と聞くと、「ブリードさんのプライベートなので話せない」との事でした。

命を養う事、本当に大変な事です。 しっかりとした知識を、売り手側・買い手側で身に着けなければいけないのではないでしょうか。

あにまる検定で、犬検定・猫検定もあります。
犬さん・猫さんを飼われていらっしゃる方が受けてもらえると、また違った接し方が出来るのではないでしょうか。
*猫検定は昨年、3級試験が行われました。殆どが女性の方ばかりでしたが、小さなお子さんも頑張って受けていらっしゃいました。

alifetoyonaka さんのコメント...

猫検定!
迦陵・胡蝶パパ
持っていらっしゃるのでしたね。

繁殖に関する問題、遺伝性疾患などにも
とても深い知識がおありで、それだけに
こゝろ傷めておられるでしょう。

ショップでの販売は
*幼い内に早りまくれ
*抱かせたら勝ち
と言うように
オモチャを売るかのごとく
扱われ、売れ残りは処分される…。

衝動買いをさせるために
幼い子たちをショップに並べる
赤ちゃんを母から引き離す
輸送の間に多くの犬猫が死んでしまう

しっかりしたブリードじゃなくても
内緒で売れる…
そんな仕組みをそっくり変えたい。

年の瀬ですが
議員さんにプッシュのメールを
お願い致します。

`*:;,.★ 〜☆・:.,;*

おまけ)

保護犬猫を希望を頂く中にも
「できるだけ幼い乳飲み子が欲しい」と
言われる人もあります。

ミルクを飲む子を育ててみたい…とか。
気持ちは解らないことはないですが

それなら、いっそ兄弟全部を預かり
できれば母代わりの猫と一緒に育てて
かかわり合いの中で育んでくれるならと思う。


        imoko

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター