2013年12月3日火曜日

夢ある姉妹たち。>古都華ちゃん・メルちゃん+歩夢

11月16日に犬舎にやってきた子犬たち。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

いちばん始めにお試しに出発したのは、赤い首輪の「笑夢(えむ)」。
おうちで「古都華(ことか)ちゃん」という名前をつけて頂きました。

「古都華」奈良県が育成した「いちご」の品種名だそうです。
香りが芳醇で、果肉がしっかりしていて甘い〜とか。
古都華ちゃんのママが、パティシエさんで、大切なこだわりのお名前です。

これは、お試し初日の画像で、ちょっと凹んでいる感じ。
少しずつ慣れて…今では
今までの、どの子犬よりも暴れ倒して構ってちゃん!らしいです。(*^▽^*)


さて、5匹の兄妹のうち「古都華ちゃん」は、
生後1ヶ月の時に「バベシア」に感染しました。

バベシア症とは、マダニが吸血する時に感染する「バベシア原虫」が
犬の体内で、赤血球に侵入して増殖し、
その後、赤血球を破壊して次の赤血球に侵入します。

犬は、発熱および貧血を起こし、犬によっては血小板減少症や
血色素尿や、脳炎を引き起こす事もあるものです。

古都華ちゃんは、人の背丈ほどのコンクリートの壁に囲まれた
排水路の中に1匹だけ落ちて、雨の中で泥水に使って助けを求めていたそうです。

保護4日後から、古都華ちゃんだけが、ご飯を食べるとスグ
寝床に引っ込んで眠っており、その後、歯茎の色などから貧血と判りました。
検査をすると、ヘマトクリット値が非常に低くバベシア症とのこと。
抗マラリア薬アトバコンと抗菌剤アジスロマイシンの併用で治療
5日め、10日め、と血液検査をし、ヘマトクリット値は回復。
バベシア原虫を抑え込んみ、検査結果は治癒という形になりました。

今後、何かで免疫が下がった時には、再発がないとも限りません。
古都華ちゃんのご家族は、動物病院に相談に行って下さって
バベシアの説明も詳しく聴いて下さって、不妊手術の時も
バベシア用の薬投与でかなり抑え込めるとの説明も頂いたそうです。

ご家族、お祖母さまの
「ウチに来た事は運命やなぁ。あんたはもうウチの子になり!」と
仰って頂いて、病気のことも含め、ご家族にと受け入れて下さいました。

お試し満了し、正式譲渡になりました。
また、元気すぎる様子、お写真頂いた時にご紹介しますね!

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

次に、お試し開始したのが「愛夢(めぐむ)」改め「メルちゃん」です。
3匹、犬舎に引取った最初の時から
ブログをご覧になって「水色首輪の子が可愛い!」と心に決めて下さったそうです。

「メルちゃん」は、兄妹の中で一番小さな子。
僅か1.2kgの時に、おそらくカラスに襲われ脇腹に怪我をして
民家の床下で2日間、鳴き続けていたそうです。


↓ この日は、ワクチン接種のためにクリニックに向かう車の中。
 ちょっと緊張〜!


メルちゃんも正式譲渡です、宜しくお願い致します。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

さて、残り福の「歩夢(あゆむ)ちゃん」
お話入っていましたが、事情があり仕切り直しにしました。

さぁ、元気で人が大好き、甘えん坊のあゆむ。
絶賛、ご家族募集中〜!です。

                       imoko


 はてさて歩夢ちゃん^ ^

video


今 うち(ricoん家)にいます(^_^)

甘えん坊で 私が外に行くと キュンキュン鳴きます^^;

笑夢ちゃんと愛夢ちゃんはお試しに行ってるので 一緒に遊ぶ相手が いません

ひとりで ボールを噛み々々 紐を噛み々々 新聞も噛み々々^^;

私がいなくても 鳴かないでくれると 助かるんがな(^_^)

rico

0 件のコメント:

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター