2009年2月9日月曜日

猫さんの血液型。

★あにまるライフ豊中★で保護して
家族に迎えられた、甘えっ子猫ちゃんが
先日、極度の貧血で
輸血が必要という知らせがありました。

まずは獣医さんの猫、看護士さんの猫と
輸血の可否を調べた後、必要であれば
猫をたくさん積んで車で駆けつける
そのために、準備を始めました。

供血猫の条件を発信。
「健康で、穏やかな猫。
 採血をたぶん無麻酔で
 頸動脈から行うため大人しい子。
 ワクチン接種済み
 室内飼いの猫、4kg以上。」
 書いてないけど勿論ウィルスフリー

保護猫の中で4kg以上の子は
半分もいなくて、老齢でも駄目だし
候補の子をピックアップして待機。

猫さんの血液型ってご存知ですか?
猫の血液型は優勢であるA型が多く、
B型は品種によって比率が異なり(0~50%)
AB型は非常に稀少で、O型はないそうです。

日本猫のほとんどがA型です。
書けば長くなるので
詳しく知りたい方は、お調べ下さい。m(__)m

「○○くんがB型でありませんように…」と
祈りながら…知らせを待つ。
もしもB型だった時の事なども考えて
メンバーには
「とにかく、できるだけの数を待機させよう」と
声をかけました。

結果は
看護士さんの猫ちゃんと
血液が適合して、輸血ができました。
少しずつ快方に向かっています。

思いがけず、猫の血液型&輸血について
勉強した一日となりました。

                imoko@B型

4 件のコメント:

迦陵・胡蝶パパ さんのコメント...

猫さんの血液型ですか・・・ (´ε`;)ウーン…考えてもいなかったです^^;
うちの子達は何型なんだろ?
猫はA型が多い・・・ 結構几帳面なトコ考えると、そうなのかもしれませんね^^
人間の血液型と照らし合わせるのもなんですけどねw

うちの子達も、今年の血液検査の時には血液型調べておくようにします。

しかし、その子も無事で何より^^ 元気に回復して、またたくさん甘えられるといいですね♪

alifetoyonaka さんのコメント...

猫さんの血液型と
性格診断はできるのか…
どうなのか…?ヽ(゜◇。)ノ?

とにかく輸血ができて
良かったです。
輸血の際には血液型の他にクロスマッチ試験を
行い輸血可能か調べる事が必要だそうです。

*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+

資料によって比率が違って
どれが新しいのか判らないのですが…
猫種によってB型の出現率が違うそうです。

シャム、バーミーズ
ロシアンブルー、トンキニーズはA型。

ヒマラヤン、メインクーン、
ノルウェージャンはB型が3〜7%

アビシニアン、ジャパニーズボブテイル
ペルシャ、バーマンはB型が14〜18%

ブリティッシュSH・エキゾチックSH
コーニッシュ・デボンレックスが27〜41%

参考:ペットポータル
ペットの血液型を知ることからはじめましょう。
http://www.petportal.jp/mt/archives/000064.html

ちゃたまま さんのコメント...

あにまるライフ豊中の皆様、ご心配おかけしました。
もしもの時、皆様のお力をお借りすることができると思うと、非常に心強かったです。

無事輸血することができ、極度の貧血状態は改善され、現在ほぼ正常値まで回復してまいりました。
ほかの病気と併発しているので、まだ予断は許さないですが・・・。

何か怪我や病気をした際に、回復が遅かったり貧血ぎみであった場合、ヘモバルトネラ症を疑ってみてください。
野良ちゃん出身の場合、キャリアであることも多いそうです。

本当にありがとうございました。

迦陵・胡蝶パパ さんのコメント...

ちゃたまま様、この度は大変お疲れ様でした。
まだ病気の併発もありとのこと。いろいろと大変な思いされていると思います。
でも、そのちゃたちゃんの為に、みんなが動いてること、きっとちゃたちゃんにも届いてるはず!
元気になって、明るい笑顔をみんなに見せてあげてね^^

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター