2010年12月25日土曜日

みんな「あんこ」に育ててもらった。

一昨年の多頭飼い崩壊の12匹のなかで
今、手元にいる子は「あんこちゃん♀7歳半」と「ことら♂」

「あんこちゃん」6月に、みんなに歳を1つ加えたときに
7歳からはシニアかなぁって健康診断に行ったのです。
まだまだ血液検査の数値はよくて肝臓も腎臓もまったく健康。
「洟垂れだけが玉にきずだね。(*'ー'*)」って。


2008年の8月から1年半はimoko猫部屋にいました。
人馴れしづらそうな子猫ちゃんも
あんこが、半ば羽交い締めにするようにして抱きしめて
出ないオッパイを含ませて、落ち着かせてくれました。


乳飲み子が来た時には、imokoとしては
万が一にも、あんこに感染をさせてはならないので
ウイルス検査が終わるまで
保育箱には近づけないようにしてたんだけど…。

こんな風に勝手に入り込もうとするので
すぐに引き離すのが大変なくらい。

あんこは子育ては自分の役目と思ってるみたいに
子猫を入れたキャリーの鍵まで開けようとするんです。
鍵を掛けるのを忘れようものなら
自分で開けて勝手に入り込むので油断できませんでした。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

昨年の秋頃に居た
茶トラの「琥珀くん」白「ミルくん」兄弟も
あんこが大好き〜いつもこんな風に遊んでもらってました。


昨年の今頃にはricoさん家に移動して
1年経ちました。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

最近、急に食べなくなり心配して獣医さんへ。
体重が3kgを切ってて、お腹にヌルヌル感が…。
先生が「部屋を隔離して、好きにさせてあげて…」と仰った。

猫伝染性腹膜炎=FIP(Feline Infectious Peritonitis)の
検査に出した結果、抗体価や
総蛋白、グロブリン,γーGPTなどから
おそらくFIPを発症しているであろう…と。

温かくて可愛い「あんこ」
情けないくらい、こゝろ狼狽したimokoでした。

あんこちゃんは元々ウェットフードを食べません。
ricoさん、今はi/dを強制給餌したり
少しあんこの気が向いた時には
銀のスプーン海グルメを食べてくれることもあり…
(しゅう君が好きだった残りなんだ…)
あんこの食欲に一喜一憂しながら過ごしています。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

子猫さんたち皆「あんこ」に育ててもらったのだけど
imokoも子猫への慈しみ方を「あんこ」から学びました。

そして大人猫の可愛さも教えてくれた。
「あんこ」のことをとても好きなの。
毎夜、毎夜、腕枕で眠ってくれて
ヒリヒリになるくらいホッペタを舐めてくれた。

獣医さんとお話して
「あんこには、炎症を抑えながらできるだけ
 気持ちよく過ごして欲しい。」と伝えました。

命の長さを一番には望まないから
ツラさを減らす方向で、薬の効きを診ながら
処方を頂きたいと。imokoの気持ちはそうだけど…

場所の移動はストレスになるかも知れないから
ricoさんに看てもらおうと
後はricoさんの気持ちにそうように…。

                  imoko

場合によっては、子猫をricoさん家に移動して
あんこをお世話することにするかも…。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

あの懐こいあんこちゃんが、まさか…。

みぃ太(旧モカ)を譲渡していただきに伺った際、自分もなでてもらうのを待っているように、ずっと側に居てくれていたあんこちゃん。
本当に可愛い大人猫さんでした。
今はみぃ太の半分しか体重がないなんて…。

涙が止まりません。

スタッフの皆さんのご心痛はいかばかりかと思います。
何にも出来なくてごめんなさい。

少しでもあんこちゃんが気持ちよく毎日を送れるように、心からお祈りしています。

alifetoyonaka さんのコメント...

にゃん太&みぃ太のママさん
ありがとうございます。

あんこ、診察時2.8kg
2回目診察で2.6kgになってました。
1年前は3.8kgでまぁるかったんです。

これまで、カリカリには選り好みなくて
ウェットには興味がなかった「あんこ」

アイシアの
[15歳からの健康缶 かつおのとろとろペースト]
好んで食べ始めたんですって。

強制給餌にしてもシリンジで吸い上げやすい
と思って購入してみたんですけど
ひとまずアタリでした。

少し体重が乗るといいけどな。
ricoさん、食べてるあんこ
見てたら嬉しいかな。

できることと言ったら
こんなことと、祈る事だけ。

おいしく食べてくれますように
抗炎症剤がすっきり効いてくれますように
オシッコがちゃんと出ますように

あんこの好きな子育ては
させてあげられないけど
案外遊び好きな、あんこ
楽しく過ごせますように。

みぃ太ママ さんのコメント...

取り急ぎあんこちゃん用にフードを送る手続きをしました。
少しでも口にしてくれれば嬉しいです。

今日も仕事中、あの時ふうわりとした感じで横に居てくれていたあんこちゃんのことをふとした拍子に思い出して、涙をこらえるのが難しかったです。

とっても甘えん坊のみぃ君。
あんこちゃんにもたくさん甘えてたくさん可愛がってもらったことと思います。
私たち家族も、これからもみぃ君を大事に大事に可愛がっていきます。

あんこちゃんが少しでも快適に毎日が送れることを、心よりお祈りしています。

alifetoyonaka さんのコメント...

みぃ太ママさん
今朝、ricoさん家に
ご注文下さったフードが届きました。

たっぷり1箱ありがとうございました。

今のところ5日に一度ペースの皮下輸液で
楽になった日は食欲があり
自分から食べる事ができるみたい。

少しずつ元気が減って
次の輸液で、また回復するという感じ

とろとろペーストは、舐めて食べられるから
あんこが自力で食べてくれて嬉しい。

少しでも1つでもおいしく
食べてくれますように
あんこご飯のご支援ありがとうございます。

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター