2017年1月17日火曜日

7人のこびと…じゃなく(^_^)7匹の小型犬の近況。

多くの皆さんにご心配頂いて居ります小型犬7匹の子たち
今、1月17日夜時点で4匹が譲渡もしくはお試し飼育中です。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

病院でのこと:
寄生虫の駆除、一般血液検査など、代表のMaryさんが行ってくれました。

全頭が、耳ダニ居ました。
多頭飼いなので、もれなく全頭の耳の中に住んでいるでしょう。
  →レボリューション済みました。

この季節なので可能性は低くはあるけれど
触診して頂き、女子たちの妊娠はナシ。
ただ、普段の状態の子宮は細いもので
触診だけでは子宮があるかないかはわからない。 

一般血液検査:少し白血球が高いが、おそらく全身の皮膚炎からか。

皮膚の炎症は、不衛生な環境による感染症のものだろうと。
→コンベニア注射(2週間効果の続く抗生剤)
 
シャンプーを週2回するようにとの指示。

 ・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
 
1月7日に保護した子たち、9日の深夜にアップした記事↓から

画像をピックアップ↓ 赤字青字は元飼主さんが呼んでいた名前(5番のみ不明)

1)そら♂*青くびわ
2)もみじ♀*黄色首輪
3)ピー♀*うす茶首輪
4)なな(ペキニーズ×狆)♀
5)ヨーキー(ヨーチワ?)♂未去勢
6)このはチワックス?♀
7)れんヨーチワ?オス♂未去勢

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

【今日現在の状況です。】

1)そらくん&3)ピーちゃんについて:

先のブログをご覧いただいて、皆さんに情報を広げていって下さった
みなさん、ありがとうございました。

情報を受け取って、みなさんが可愛い子たちのために心を寄せて頂いたおかげで
先輩ボランティアのH様の活動つながりで、神戸で動物ボランティア活動を
なさっていて且つ動物看護師講師のI様からのご紹介で
犬をご家族に迎えたいご家族F様にお目にかかる事ができました。

F様とI様一緒に犬舎にお越し頂き、まだ保護したてで、送り出す準備も
医療面も何もできていない時点で、全てを引き受けると仰って
力不足の私どもを補って、幸せに出会わせて下さいました。

F様のご自宅に迎え入れられる前に、I様のご案内で
即日シャンプーと血液検査などを済ませて下さってお手間をお掛け致しました。

F様ご自宅に迎えられて、ご飯をガツガツと食べ、落ち着いて来たら
たくさんお水を飲んで…オシッコされてしまいました(笑)
今は、膝の上で眠たそうです〜と 平和な写メと共にご連絡を頂いています。

めっちゃ、久々のお膝〜♪
どうか、よろしくお願い致します。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

 2)もみじちゃん♀3.2kgは犬舎に居ます。

人が大好きで、抱っこすると幸せそう。
小型犬にありがちな、膝蓋骨脱臼(バテラ)
長い間ずっと、この状態で生きて来て、現時点では、痛みないようです。
ずっとお陽様の下で運動もしていない。
草地をしっかり歩く運動も必要。肥らない様に注意。
脚よりも、今はドライアイの状態に気を配る必要あり。


・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

4)ななちゃん改め「菊ちゃん」最新情報によると、ペキニーズ×狆とのこと。

犬舎に来た時は、右目が開きづらいなと見ていました。
現場では、ほとんど片目つむった状態だったそうです。
日が経つごとに、パッチリしてました。


多頭崩壊の連絡を受けた先輩ボランティアTさんの知人、imoko自身にも何かと
ご支援を下さっていたKさんが、むかし長居公園で保護したダックスが居ました。
その子「ロビンちゃん」を迎え昨年見送られたご家族。

小型犬たちをご覧になったS様は(imokoは途中から話に入り、又聞きですが)
一番出にくい子をと思って、見て下さっていたみたい。
この子は(咬合)「アンダーバイト」だし(上顎に対して下顎が長すぎる)と仰って
きっと、見た目で決める方には選ばれないと考えて下さったのでしょう。

写真に可愛さは表れないけど、ナナ改め「菊ちゃん」は人が犬舎に入ると
一番先に飛び出して来て、膝に乗り胸に登って〜勢い余って肩まで行って満足する子。
人にくっ付いているのが嬉しい子でした。

多くの中に居て、寂しい想いを していたのですね。
人の傍で安心して、そして先住犬とも仲良くして欲しいと思います。
S様、一緒に犬舎までお運び下さったお友達のF様、ありがとうございました。

S様のFBの写真をお借りして来ました。↓ お母さんにくっ付いてるんだもんね。

 

5)ヨーキー若しくはヨーチワ?の男の子(名前は不明):お試し飼育中。

狭い所に多頭飼育のため、上から乗られたり、目の前を駆け抜ける犬に
瞬きが追いつかず、繰り返しで眼球に傷が膜になっている状態。
今後、多頭の状態でなければ悪化はしないと思われる。

このヨークシャテリアくんについては、私どもから以前ヨーキーMIXを
迎えて下さって見送られたS様ご家族の元に今日からお試し預かりをお願いしています。


このヨークシャテリアくんの保護当時の爪の拡大↓
みんな爪が伸び放題だったので、掻きむしる→傷がつくの繰り返しだった。
 

  6)このはちゃんは犬舎に居ます。
この子の皮膚の炎症が一番酷く、掻きむしって傷が随所に。
コンベニアに加えて「このはちゃん」のみステロイドで様子を見る。
 

とっても人懐っこい「このはちゃん」早くお肌が治りますように。


7)レンくん(ヨーチワ?チワポメ?)♂1.8kgは、犬舎に居ます。
 後肢の片方が膝蓋骨脱臼(バテラ)


・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

レスキュー以降のお世話など、まだまだの時点で
ボランティアさんからのご紹介などで
4匹が、温かいご家族の元へと巣立っております。

★あにまるライフ豊中★は、犬を既に1年半うけ入れて居りません。
行き届いたお世話をして送り出す力が圧倒的に不足しております。

それを察した皆さん、動物に温かな気持ちを持つ皆さんが、何とかしようと
奔走下さって、情報をシェアしたり、幾つもの連絡をして下さった。
こんなに早く幸せに出会えたのは、その多くの皆さんのお気持ちのおかげです。
ありがとうございます。このまま本当の家族に成って行けますように。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

現場からは犬が全頭、猫1頭が保護されています。

「かあたん。」を始めとする、それぞれのボランティアさんが、
色々なお世話をして下さったり、シャンプー&トリミングして可愛くして頂いていたり
情報が入って来ています。

12頭+猫1頭の近況は、また判る範囲で
改めてお知らせ致します。

                              imoko

 








0 件のコメント:

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター