2020年7月12日日曜日

子猫ケージをさらに大きくしました。>茶とら系子猫兄妹

このケージ、一昨日まで「ちゃっく♂11歳4ヶ月」が入ってました。


ちょっと汚れたなと思って手を突っ込んでタオルで床拭きしてたら
ドアの方に向かってきて(珍しく)保護部屋内へ脱走。
現在ちゃっくはケージフリーを謳歌しています。

急いで分解して洗い、今日大阪は梅雨の晴れ間でしたので乾きました。
組み立ててしばらく子猫用にします。


昨日まで子猫が入ってたケージは、そのまま右に移動。 


茶トラのオス、茶白のオスは私を見ると寄ってきて挨拶したり舐めたりして
喉を鳴らしてくれるんだけど、茶白の鼻筋茶色のメスはもともと警戒心つよく
ケージの奥から観察してから動く子です。
信頼するとベッタリに化けると思うんだけどな。
 

体調を崩している茶白ハチワレの女子は、昨日まで嘔吐していましたが
今日はチューブダイエットを飲んで嘔吐はなしです。
他の子が遊んでいるオモチャに手が出るようになりました。
他の4匹から隔離しています。 早く一緒に遊びたいね。

                            imoko

2020年7月10日金曜日

ネット掲載しました&1匹トライアルに。

 ペットのおうちに、オスとメス分けて掲載しました。
こちらのサイトは本来は掲載単位が1匹ですが、imokoが対応に混乱するので
オス希望、メス希望に分けて(性別を選択する欄があるため)2件掲載しました。



個別に性格を…と前回書いてましたが、個別にちゃんと写真撮れてないので申し訳ないです。とにかくオモチャ大好きかけっこ大好きの元気っ子たちの様子。







黒白ハチワレは「あんちゃん♀」大人と比べるとこんなに小さい!
 



本日7月10日*2回目のワクチン接種。

ただしハチワレ女子1匹だけ嘔吐してたので、しばらく様子見をします。

                              imoko

 

2020年7月1日水曜日

家族に迎えて下さい!!>茶トラ系6匹子猫

茶トラ兄妹子猫たちのご家族を募集します。

*.。+o●*. 条件とお願い ●*.。+o○*.

条件*ペット可の住居であること

これから猫の一生涯、ペット可のお住まいで暮らして下さい。
「実は認められていないが、暗黙の了解で周囲も飼育している」というご家庭には譲渡できかねます。

*ご年齢60歳未満(子猫は長ければ20年生きます)もしくは後見人があること

ゆったりと暮らしておられる年配の方のお膝でヌクヌク可愛がられるのは嬉しいです。
ご家族の中に、20年後まで猫のお世話や通院ができる方がいて下さいますように。

*完全室内飼育くださること

猫は「イエネコ」という種類の外来種です。猫は生まれながらのハンターなので、出入り自由にすると虫や鳥などを狩ってしまいます。
また外にでることで猫パルボ、猫白血病、猫エイズなどの怖い感染症になることもあります。
脱走しないように気をつけて一生愛育をお願いします。

*適期に不妊手術を受けさせること

猫の妊娠期間は63日で、極端に言えば1年に4回産むことができます。
いまは可愛らしい子猫ですが早ければ生後4ヶ月くらいでメスの発情期がきます。
たった2匹のペアから、油断すると数十匹になるのに年数はかかりません。

2018年4月~2019年3月の1年間で、10,523頭の成猫と、20,234頭の子猫が殺処分されました。
「家族に迎えてくださる人がいない」という理由だけで生きられない猫たちがいます。
猫を迎えるならば、生後半年を目安に必ず、不妊&去勢手術を受けさせて下さい。

*猫だけの留守番が半日まで

5週齢で保護した時、子猫のごはんは1日5回でした。
小さな胃で満腹になっても、成長に必要な分量に追いつくためには5回ほど必要でした。
もうすぐ子猫は3ヶ月になろうとしています。現在は1日4回です。
人間の子どもで考えると小学校入学くらいでしょうか。
本来なら生後3ヶ月〜5ヶ月くらいまでは親の元にいます。
やがて1匹で生きていくための色々を親や兄弟と共に生きて学びます。
幼い時期の独りぼっちはかわいそう。

フルタイムでお仕事をなさっていてお留守のご家庭には
人に慣れて性質がわかった成猫をお勧めしたいと思います。

*譲渡前に約1週間のトライアルをお願いいたします。

猫を迎えたいと思っても、イメージをした猫と実物の猫は違っているかもしれません。
実際にご家庭に猫を迎えて1週間ほど、本当にこの猫と生きていけるのか?
一生責任をもって慈しむことができるのか?ご家族にアレルギーはでないか?先住の動物がいれば体調を崩したりしないか?など確認いただく期間です。
その間は、ご家族と猫の様子をお聞かせいただきたく思います。

トライアル前に借り譲渡契約をいたします。
トライアル期間を終えて、ご家族と私どもと再びお話をして問題がなければ正式譲渡になり所有権を移します。

*正式譲渡の際に、ワクチン費用として5,000円を頂戴する予定です。




*.。+o●*. 保護からの経過 ●*.。+o○*.


推定4月初旬生まれ。
某公園に捨てられたと人づてに聞き5月22日に保護しました。
2軒の家の庭に散らばって6匹、物置の床下や溝に隠れ、カラスから身を守っていました。
突然の人(と犬)の来訪に驚き、シャーシャー言いながら逃げ回りましたが、程なく捕まりました。

保護当時は体型、目の色などから6週齢と思われました。
猫風邪でハナミズと目やにがありましたが、人の手で拭われたあとがありました。

連れ帰ってウェットフードを与えましたらガツガツ食べました。お水さえお皿から上手に飲みます。
野良猫の子であったら、この時期には母乳を貰っていて、初めて見るウェットフードを食べ物だと考えず食べないことが多く水分をお皿から飲むことを覚えるのに苦労します。6匹の様子を見ていると既に人からフードを与えられていると感じました。

子猫を保護すると排泄は尿道口や肛門をティシューで刺激すると排泄する本能があるのですが、この子たちは排泄反射が終わっていたことから5週齢を過ぎていることがわかりました。
ケージに落ち着くと難なく猫トイレを使って排泄します。
ノミも全くついていません。行動を見ていても飼猫の子が遺棄されたと思われました。

保護後数時間で警戒からのシャーシャーは言わなくなり表情も和らぎ、日に日に慣れてきて、1日5回のウェットフードの時間は催促するまでになりました。
環境の変化もあり暫くは便もゆるく落ち着いた環境で過ごしました。
保護から数日、風邪症状が改善したのでノミ・ダニ&回虫駆除を済ませました。

6月2日、1匹ずつの便を採取して病院に。
動物病院はじめての場所でもほとんど警戒しません。診察台でもおとなしく先生に褒めていただきました。
診察室にいる大型犬、看板猫に対しても怒りもしないし、人の手にも慣れています。
ご家族募集に備えて、兄弟で1匹ウイルス検査をしました。
猫白血病と猫エイズについてウイルス陰性でした。

6月5日
風邪もすっかり治ったので、シャンプーしました。

6月9日つぎの通院。
8週齢になっただろうとのことで3種ワクチン接種しました。
6匹中の1匹の便の中からコクシジウム(原虫)の卵様のもの(オーシスト)2コだけ見つかる。

6月11日通院
ワクチン接種とコクシジウムの駆虫薬を同時にするのを避けて、駆虫薬を投与してもらいました。

6月22日通院
検便3回め:異常なし
コクシジウムが駆虫できているかを確認しました。

ながくなりました。
1匹1匹の説明はまた改めて。


                                  imoko




☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター