2011年8月31日水曜日

新入り7匹、犬舎はいっぱい。

午後3時前、小型犬が7匹来ました。
夕方、Maryさんと凛ママが獣医さんへ…
詳しいことは、日を改めて。

お顔真っ白なチワワさん。

チャイニーズクレステッドさん。

マルチーズさんたち。

この子は、全身カユカユのようで
掻きむしっているのが可哀想。

チワワ♂
どの子も、爪が異様に伸びてる。

ミニピンさん
目の周りの毛が抜けちゃってる。

毎日みんな耳掃除しないと、マラセチアすごい。

状態が落ち着いてから、不妊手術などもして…

愛されたらきっと、愛らしい子たちに変わって来るね。


                  imoko

秤(はかり)と仲良し

あたちたち 毎日 はかりに乗しぇられて

体重測定しゃれてるの


おかぁちゃんは 体重が増えてりゅといっては喜び

昨日と変わってにゃいといっては う〜ん

体重が減ってりゅ時には ヒェ〜ッと言って 頭を抱えりゅのよ


あたちたち(とまと・クシャ・アセロラ)

結構はかりが しゅきなの

だから はかり終わってかりゃも ずっといりゅの

何か 居心地 いいにょよね(゜▽゜)


*とまとちゃん♀ アセロラくん♂
 アスパラくん♂ クシャちゃん♀
 生後3ヶ月ちょうど
 ノミ・ダニ&回虫、コクシジウム駆除
 3種ワクチン接種1回

 母猫のウイルス検査の陰性から
 猫エイズ・猫白血病ともに陰性



                  rico

2011年8月30日火曜日

保護活動の中で…。

近所に恋猫さんの声や、猫同士の喧嘩の唸りが問題になって
野良猫を殖えないように不妊手術をし始めたのが2004年。

手術をした母猫を、獣医さんが「授乳中よ!」って仰って
探しまわったり…子猫を保護し始めて7年になる。

ただ自治会の地域で、活動の経過を瓦版配ってたころは
1匹でも多くの命をつないで行きたいと、心から願ってた。
今も動物を愛おしい気持は変わりないけど…。

最近は、歯ぎしりすることが多くなって来た。


2年前の子猫たち…狭い部屋にたくさんたくさん居た様な…。
ブッチちゃん、ルークくん、ミミ、キョウくんPCがカイロ代わり

こうしてブログなど書いてると
春からは3〜5日に一度子猫の引き取り相談が来る。

動物愛護推進員であるMaryさんの元には電話も多い
とても顔の広い凛ママだって、引き取り相談ハンパないって。


小学生が秘密基地でこっそり育ててたイチくん。

自分が例えば子猫を見つけた時には、きっと保護する。
でも、取りあえず拾うのではなくて、この子たちがもし
エイズとか白血病ウイルスが陽性だったときは、ウチの子。

努力しても、迎えて下さるご家族を見つけられなかった時も
一生この子たちを守れる…と、その都度覚悟も必要。


手の平に乗る様な子猫たち、廃墟に産み捨てて行かれた。
ミカンちゃん&レモンちゃん

見知らぬ方からの子猫の引き取り依頼。
他のグループはどのように相談に乗ってあげてるのかな?

他のグループというより、ウチの中でも
他の人がどう対応しているのかも知らないけど…。

わたしの場合、相談者が自分で保護する事ができたら
育児相談と譲渡先を見つける手伝いで側面から支援。
相談をされる度に、こちらに引き取ったりしてると
次に子猫を見つけた時も、自分で育てることもできない。

わたしたちも初めての時は育児そのものが怖かったから
その不安は取り除いてあげたいけど
手元で育てることで責任感もわいて来るものだと思う。


戯れて遊ぶ大きさになったルークくん&キョウくん
imokoの布団の上よ。保護猫かわる度に布団ごと丸洗い…。

次に言われるのは「自分はお世話ができません」って。
でもメンバーはみなギリギリまで無理をしています。
imoko猫部屋は4畳半で大人猫10匹+子猫たち。
子猫だけでも多いときは10匹いることもある。

仕事をもっておられる方でも、見知らぬ私たちに頼むより
身の回りに、一日家におられる方があるはず…。
「やってみたら、できた!」って、きっと嬉しいはず。
愛護団体を探しまわるより、まずは保護出来る知り合いを探して欲しい。


犬の散歩道の脇の川に落ちてたケリーくん&あおいちゃん
野良母猫が心配そうにのぞいてたけど諦めて、置いて行った。

狭い部屋に閉じ込めて飼育って、うちの場合これ以上は無理。
一時的な保護だから…なんとかしてるだけで
この数で一生を過ごすなんて、虐待に近い。
もう覚悟をしようと思ったって、数を増やす決心はできない。
見知らぬ方からの「引き受けて〜」の丸投げは受けられない。

その方がフルタイムで仕事して、知人もあたったけどダメで
もう少し育って留守番できるようになれば自分で飼育ってなら
喜んで育児もするよ。


保護直後の「のっく&ろっく&ちゃっく♂4ヶ月くらい」
でも毎日だっこしたし、努力したけど…今もまだ怖がる。

ブログのメールフォームを経由して
「子猫を見つけました」の知らせがあった時には

●ご自分の取組として、保護出来るか?
●保護だけを依頼なら医療費をご負担いただけるか?
●ウイルス検査で、陽性が出たときは、ご家族募集を断念するので
 ご自分で一生の責任を持てるか?
色々訊ねて、その方が放り出したいだけなら手伝い出来ない。

そもそも保護もしてなくて
「どこどこに子猫が居たから拾って下さい」という連絡も多い。


散歩道の川の対岸から大きな声で呼んでたユウナちゃん、とイチくん

もちろんね…
子猫を拾った…って、猫を大切にされる事。私たちも
嬉しい行動なんだよね。その相談に対して
「お金要りますよ」って言うの本当はイヤですよ。

そもそも私たちって、保護団体って言えるのかな〜
メンバーみんな合わせても団体割引できる人数でもない。
「でも、猫を保護してお金をもらってるんでしょ?」って
言われる事が多い。


虐待らしい火傷のある妊婦猫から生まれた4匹
メルちゃん、ハッピーちゃん、ミルくん、琥珀くん

子猫を育てるってハッキリ言って、大赤字です。
ウイルス検査してワクチンして1匹で医療費2万くらい
何か問題が出れば、もっと費用が嵩みます。

子猫のミルクとか離乳食って高いです。でも
お預かりした子猫で食費まで請求したことないです。

臍の緒ついた子来たって
アイドル並みの睡眠時間になったって
熱湯消毒で火傷しようが…文句は言わない。
(今、言ってることになるかも…)

医療費を出してもらっても、費用の半分はこちらの負担なんです。


警察から引取り時点で5ヶ月位、豊丸くん&カニタマくん

一昨年、子猫で保護した子たち、たくさん居残ってます。
人馴れは難しいと判ってても、外で怪我してたり
捕獲器に入った子が1kgくらいで放すのを迷ってしまったり…
その都度、自分たちが決心した子に対し後悔はないけど。

茶トラの「ちゃっく2歳」には、何度か本気咬みされた。
黒猫ハニーは川に落ち保護。捕獲器の中からシャー!!!
口周りの怪我を何針か縫ってもらい、数日保護したら
この後にリリースしたら遺棄なのだと思い込んでた。

人馴れしない子は、ずっと保護部屋の野良猫のまま
この子たちも守らなくちゃならない。わたしが
終生飼育できるだけの数しか保護ができない…。



相談者に時々問われる…
「自分で飼えない者は、保護もしちゃいけないのでしょうか?」

「これからは見てみぬ振りをして、保健所に連れて行かれても
 見過ごさなくてはならないのでしょうか?」

ブログに「子猫の引取はしていません」と表示すれば良いのか。

少し手助けすれば、ご自分でなんとか出来る
そんなご相談まで遠慮されるかも知れない。

自立して保護してもらうために出来ることだけでも手伝いたい。
まだ表示出来ないでいる…。

                 imoko

2011年8月29日月曜日

とっても良い子。

よりともクン→獠牙(りょうが)くんになりました。

お母さんからのお知らせも
「こんなに育てやすい小犬とは思ってなくて…」と始まり

上のお姉ちゃんからのお知らせも
無駄吠えしないし、ダメと教えたらよく聞き、
 お座りもちゃんとするので、
 犬ってこんなに手のかからない子だったかな?
 と思うほどです(笑)」だって。


大物の獠牙くんは、こんなに無防備に眠ってます。↓



犬って、上がりかまちにアゴを乗せたり…こんなん好きだよね。



下のお姉ちゃんは、陸上をしているそうで
一緒に走りたい!って仰ってたました。

駆け回ってるかな?


ひんやりの玄関タイル、ココもお気に入りの子が多いよね〜。



獠牙くんの近況のお知らせでした〜。

正式譲渡です、よろしくお願い致します。

                  imoko

2011年8月28日日曜日

小さいけどわかるかなぁ

今日は、航空写真を撮ってみました



モデルは 成猫のとと♂ 4兄弟妹の アセロラ君♂クシャちゃん♀です

子猫のアップを見たい方はブログを少し遡って下さいf^_^;


ととは 決して太ってませんよ

そう見えるだけですf^_^;

私が トイレ用の新聞を裂いていたら

とと君とアセロラが 遊びにきてくれて

その後に クシャちゃんが参加しました



アスパラ♂は どこかで寝てたみたいです

とまとちゃん♀は 今朝から調子が悪く

熱が出て しんどそうで(´〜`;)

ケージで おねんねしています



撮影が下手で ごめんなさいm(__)m

                 rico

2011年8月27日土曜日

しっかりと大きくなり…。

5月29日生まれの子猫兄妹たち
ricoさん家で、しっかり大きくなり
盆過ぎに1回目のワクチン接種をしました。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

ドライフードを食べ始めても、
抱っこしてチュウチュウしたい〜♪って甘えん坊の「アスパラくん」↓


自分の興味のあることに、邁進。
カシャカシャトンネル大好きな「アセロラくん」↓


一番小柄で案外おてんば娘。
大人の猫ちゃんにも自然に「あそぼ(^_^)」って言うので
トトロのお気に入りさんだった「トマトちゃん」↓


みんな猫だけど、この子は特別に、猫っ毛。
グレーと白のやわらかい毛質が、ちょっとフワフワで、子どもたちが
「ヨークシャテリアに似てる」からって「クシャちゃん」↓


・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

カーテン1枚あるだけで
布を挟んで、両方から手が出たり、ボールが行き来したり
とっても楽しそうな子猫さんたち。


いつでも里親に掲載しました。

携帯からのアクセスは

                  imoko

2011年8月26日金曜日

24日午後、里帰りしてくれたジュニくん。

お姉ちゃんの夏休みの最終日にジュニくん来てくれました。

1月の始めに犬舎に居た子犬たちの1匹

このアップの時も車に乗ってましたが…↓

今も何所でも車に乗ってお姉ちゃんに付いてくんだ。

そして、犬舎の前に着いた…けど
出迎えた、ビクトリア、ピース、彩ちゃん、すずちゃんを目の前に
思わず、車の下に引っ込んで出て来なくなった〜。


お姉ちゃんが力任せに引っ張り出して…再び車の中へ…。
その時に、胴輪抜けも披露しちゃったよ。

仕方ないから(?)ちゃおを中に一緒に放り込んどいた。(*^.^*)

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

しばらく、ジュニくんを車の中に置いたままお喋りしたけど
折角来てもらって、彩ちゃんだって会いたいのにって
ギュウギュウサイズの胴輪を探して装着、散歩道に引っ張り出した。


おっかないけど、散歩!となったら別なのかな。
だんだん楽しそうな表情に変わって来たジュニくん。


ビクトリアと並ぶと、ちょっと親子みたい?


長〜〜〜いベロベロ。

少しずつ、少しずつ楽しさが勝って来て…
この時やっと、彩ちゃんに気がついたジュニくん。

この時「あ、お母ちゃん」って思ったんだろうね。
1月の犬舎で、温かい彩ちゃんにくっついては
ちょっと叱られてた子たちの1匹だもんね。

video

あ〜嬉しい!遊ぶ?遊ぶ?って言ってますね。

*午後2時追記
 夜中に動画チェックせず書いてるの…(;^_^A
 遊ぶとは言ってないな。甘えてお口ペロペロだった。

video

彩ちゃんの方も、あれ?この匂いは…ん?

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

散歩のつもりはなくて、ふわふわスカートでお越しになった
お姉ちゃん、足元はパンプス。虫除けもせず出掛けたので
散歩で蚊の襲撃に会い…気の毒でした。スミマセン。

怖い怖いでエネルギーを使い
散歩で嬉しくなって、また元気爆発だったジュニくん。
帰りの車では爆睡、爆睡で…

そして帰宅後も、また爆睡だったそうです。


最初は、このお里帰りどうなるの〜?だったけど
楽しかったね。また、来てね〜。

                  imoko

久しぶりの可愛こちゃん達ですよ

可愛い子ちゃんたち 4匹

とまとちゃん アスパラ君アセロラ君 クシャちゃん

↓一番甘えん坊してくれるのが「アスパラ君(キジ)」



↓「とまとちゃん」食が細いので「もうちょっと食べろ〜」って

 お口の中にご飯を押し込んで、もっと食べさせてるの。


他の皆より ちょっとクールなのか…
まいぺーすな「アセロラ君」↓


今 皆うんちがゆるい感じなので、整腸剤をご飯にプラス(^_^)。

この前「くしゃちゃん」の写真がなかったので

今日は い〜っぱい見てね↓





みんな1回目の3種ワクチンを終えました。

新しいお家に行く、ちょうどよいタイミングかな。v(*'-^*)b

                 rico

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター